『この状況,ピンチすぎね⁉』と思わずにいられないTwitter発のエピソード